靴の正しい履き方・歩き方

靴の正しい履き方・歩き方

靴をユルユルにして履くのは、足だけでなく体にも良い影響は与えません。足に合った靴をキッチリ履くことによって、靴が足の機能を補助してくれます。そのためには、

■甲のひもやマジックベルト(ベルクロ)を充分にゆるめ、足のカカトを靴のカカトに意識してピタット合わせましょう。

■歩く時には、足が屈曲して足ゆびが1cmほど前に伸びますので、靴を選ぶ際は、捨て寸を1.0〜1.5cmほど取りましょう。また、子供でも7〜8mmの余裕(捨て寸)が必要です。
この捨て寸があることによって、足ゆびの自由が確保され、足の健康を保つことができます。

■甲のひもかマジックベルトを、隙間がないよう、痛い一歩手前まできつく締めましょう。

■時折、カカト部分を踏んで靴を履いている人を見かけますが、カカト部分は大切な構造なので、カカトをつぶしてしまうと、靴のもっている機能が台無しになります。

靴が決まれば、次は歩き方です。歩く際は、カカトから着地をすることがポイントとなります。

頭を少し上向きにして胸を張って歩くと、自然に膝が伸び、カカトから着地することができます。


 

サイトマップ