靴と足の健康について

靴と足の健康について

外反母趾や扁平足、あるいは、カカトのゆがみなど、日本人全体の8割くらいの人が、足に何らかの障害を抱えていると言われております。

それにも拘わらず、日本人は自分の足の健康に無関心の人が多く、靴の履き心地が悪くなっても、その原因を靴に求めて「靴が合わない」と決めつけ、自分の足の健康に根本的な問題があることに気が付かないのです。

足は全身を支配します。カカトの骨がゆがんでしまうと、膝や腰に負担がかって土踏まずが形成されにくくなり、歩き方が変になり、からだの成長にも影響します。

例えば、近視や乱視の人が間違ったメガネをかけ続けていると、益々眼が悪くなっていくように、足のゆがみに対処していない靴を履き続けると、足を痛めてしまいます。

しかも、足だけにとどまらず、膝や腰の痛みに発展する可能性もあります。

でも、足のゆがみは素人目にはなかなか判断することは出来ませんので、心配な方は、足の健康に詳しい靴屋さんなどに見てもらい、今、履いている靴に問題がないか、どんな靴が自分に合うのかなど、アドバイスを受けると良いでしょう。


 

サイトマップ